◆◆◆ 但  馬  文  庫 ◆◆◆

文庫だより
  ◇ 山田風太郎記念館より、山田風太郎初期作品集「橘傳來記」の寄贈がありました。
  ◇ 安田多加子様より、歌集「玲瓏」の寄贈がありました。
  ◇ 中井恭子様より、句集「風の扉」の寄贈がありました。
   
◇ 鈴木ヒサノ様より、歌集「九十一歳になりました」の寄贈がありました。
    ◇ 生田隆・足立裕様より、歴史書「南但馬『古道と城・邑・神社』」の寄贈がありました。
 地域文化の向上と郷土への理解を深めるため、昭和63年6月、但馬に関する図書60冊からはじめた文教府但馬文庫は、但馬地区内外からの寄贈により、平成20年12月末現在6,201冊を数えるに至っています。
 また、但馬視聴覚ライブラリーの廃止に伴い、視聴覚資料の一部を但馬文庫が引継ぎ、貸出、閲覧ができるようになっていますので利用していただくと共に、収集充実にご協力ください。
1 但馬文庫の目的
 青少年及び成人の教養を高め、地域文化の向上を図るため、図書及び視聴覚資料等を収集・整理し、 県民の利用に供して但馬の良さを知ってもら い、ふるさと但馬を愛する心を培うとともに、こころ豊かな人づくりに資する。
2 但馬文庫の特色
 (1) 寄贈図書で構成
 (2) 但馬関係の図書に限定        ・歴史資料(但馬の古代、中世、近代)   ・文学作品、紀行文
     ・但馬の生んだ先覚者の図書  ・災害調査報告等               ・伝統芸能、祭、方言、自然、生物
     ・但馬出身小説家(山田風太郎他)、評論家、書家、登山家、冒険家等
分類記号と区分
歴史 文学 紀行・観光 短詩型
評論(人物伝記等) 産業 絵画 記録・報告
食物 写真 自然・生物 教育
書道 古文書(写)
※各分類記号内は《あいうえお》を基準に紹介しています。

(同じ図書を複数蔵書しています。)

視聴覚資料の分野別本数 (個人利用も可能)

但馬文庫利用要項   貸出し申請書

※但馬文庫の充実にご協力をお願いします。